いつ起きてもおかしくない配管トラブルの恐怖!水漏れは早期解決が大切!


住宅で水漏れが起きる原因と被害の詳細について

水漏れは配管設備に損傷が生じ、水が漏れ出た状態を指します。住宅の配管設備はキッチンや浴室などの水回り設備に繋がっていますが、経年劣化によって配管の耐久性が落ちると次第に腐食が進み、遂には亀裂が生じて内部の水が漏れてしまいます。配管は壁や床に埋め込まれていることが多いので、家人が異常に気が付くのが遅れやすいのが特徴です。特に地下の配管が損傷した場合はわずかに水圧が低下する程度の不具合が生じる程度のことが多いので、事態が深刻になるまで発覚しにくい問題があります。水漏れが生じると常に水を流している状態になるので水道代が嵩みます。また、建物内部の配管が損傷した場合は周囲の建材が水に濡れてしまい、カビや腐食などのトラブルに至るので注意が必要です。

水漏れに対する応急処置と配管設備の交換作業について

配管の破損による水漏れを解消するには壊れた配管を新品と交換するのが最良の方法ですが、作業に使う資材が無い場合は応急処置を施して水漏れを一時的に止めることが大切です。損傷した部分を塞いで水の流れを遮断するのが効果的ですが、水に濡れることを考慮して配管用の金属テープを使うのが適切な方法になります。配管の損傷の度合いに合わせてテープの幅を決めるのがすき間なく亀裂を塞ぐための条件です。配管の交換については連結部分の劣化も考慮して、広い範囲の設備を新品に入れ替えるのがトラブルの再発予防に繋がります。配管設備の交換作業は専門技術が不可欠なので業者に依頼するのが賢明ですが、作業の規模が大きくなると費用や日数がかかるので必ず見積もりを行って内訳を確認するのが作業後の金銭トラブルを避けるための心得になります。

自宅の水漏れはそのまま放置するとカビが生え、ハウスダストや悪臭の原因になるためすみやかに治す必要があります。