金属加工についての知識を深めておこう!金属加工徹底解説


酸洗いとはどんなもの?

酸洗いとは、金属の熱処理、溶接、ロウ付けなどにより生じた金属焼けや、スケール、不動態皮膜、酸化皮膜、錆などを塩酸や硫酸などの酸にて除去する作業のことです。金属の表面をきれいにすることが可能で、研磨作業の手間を省くことが可能です。特に、メッキ作業をする前には必ず、酸洗いを実施します。

エッチングの種類は?

エッチングには、「ディープエッチング」、「ソフト・グラウンド・エッチング」、「リフトグラウンド・エッチング」の3種類があります。
ディープエッチングは、直接銅板に防食液などで描き、他の部分を腐食させ描いた部分が凸部となるように生成するものです。
ソフト・グラウンド・エッチングは、獣脂を混ぜてつくったソフト・グラウンドを版面に塗り、その上に薄紙を載せて鉄筆などで描き、その後紙を剥がすと描いた部分がグランド紙について剥がれその部分が腐食されるものです。
リフトグラウンド・エッチングは、砂糖溶液と墨汁、アラビアゴムなどの混合液を版面に描き、その上からグラウンドを前面に塗り、ぬるま湯に浸すと描いた部分のグラウンドが持ち上げられ版面から剥がされるものです。
また、最近では、エッチング技術を生かして3Dの構造物を作ることにも成功しています。エッチング技術を利用して立体物を作るとバリが発生しないというメリットがあります。

その他の金属加工について

金属を加工するには、機械加工の手法の中に鋳造・塑性加工・焼結があります。その他にも熱処理加工があり、金属を高温にすることで結晶組織を改善し硬さを増したり、靭性を増したりします。また、表面処理手法としては、メッキ処理や化成処理、陽極酸化などがあります。

金属にメッキを施す場合、酸洗いは必ず必要となります。金属表面の酸化被膜を取り除くことによって、均一のメッキができます。