縁の下の力持ち!宴会における幹事の仕事と注意点


日時や場所決めなどは慎重に

宴会を行うときは、メンバーが参加しやすい日時を選ぶことが大切です。学校時代の同級生、趣味仲間との親睦会など、宴会に集うメンバーはグループによって異なります。また、盆正月は集まりやすいイメージがありますが、実家や親戚との付き合いのため参加できない人もいるでしょう。そのため、宴会の日時や場所を決めるときは、メンバー個々の事情を考慮する必要があります。また、料金がネックになり、宴会への参加が難しい人もいるかもしれません。しかし、自分からは言い出せないこともあるため、幹事は料金設定を低くできるように意識したいですね。

宴会中はきめ細やかな配慮を

宴会中の料理や飲み物を追加するなど、幹事にはきめ細やかな配慮が必要になります。参加するメンバーのなかには、お酒が飲めない人や食事制限が必要な人もいるでしょう。また、宴会では和室を使うことが多いですが、座ったままの姿勢が厳しい人がいるかもしれませんね。これらは事前に把握して場所選びに反映することが大切ですが、宴会が始まってからも常に意識しておきましょう。

幹事を交代制にする方法も

定期的に宴会を行う場合は、幹事を交代制にするとよいでしょう。メンバーみんなが幹事役を経験することで、幹事の大変さを学べるメリットにもなります。また、メンバーとして参加したときに感じたことがあれば、自分が幹事になったときに活かすことができますよね。仲間との交流を長く続けるためには、お互いに理解・協力しあうことが大事なポイントです。メンバー全員が気持ちよく宴会に参加するためにも、幹事の大変さを学ぶことが必要ではないでしょうか。

忘年会や新年会の会場探しをしなければならない幹事さんは、宴会場の紹介サイトで見つけましょう。大阪の宴会場をまとめたサイトもあり、お得で美味しいお酒が飲めるお店がすぐに見つかります。