CADについて詳しくなろう!メリットもデメリットも教えます


製図を書こうと思ったらまずは

建築物や商品のデザインをする時に必要になるのが、その設計書となる製図です。しかし製図は気軽に書けるものではありません。誰が見ても問題なく読む事ができて、構造が分かりやすいように書かなければならないからです。決められた共通のルールにそって、正確に記さなければならないので、一定の知識や技術が必要になります。手書きで書く場合は専門の筆記具がいくつか必要になり、用意する時間や手間、費用が必要となります。

CADを導入した場合の利点について

CADとは、コンピューターを使用して、建物や商品などの設計やデザインをする事です。コンピューター支援設計とも呼ばれています。CADを導入する利点は多くあります。メリットとしてはまず、手書きの図面を保管する場所を用意したり、管理したりする手間がないので楽だという点と、道具などを揃える必要が無いという点です。そして図面を書くために広い作業スペースを確保せずにすむという点もあります。

手書き製図にはこんなメリットとデメリットがあります

手書き製図にもメリットはあります、コンピューター操作の基礎の知識がなくてもできますし、ハッキングなどからの情報漏洩に気を付けなければならないといった事もありません。自分の手で書くので基礎や技術もしっかり身につきます。しかしその一方で、広い作業机や道具が必要になったりするので、CADを導入するにしてもしないにしても、どちらにもメリットとデメリットは存在します。製図を書くのであれば、自分にあった方法で行う事が重要です。CADを導入する場合は、コンピューター上での図面の管理について危険を防ぐために、必要な知識を備えて置く必要があります。

電気CADは、電気設計をサポートする機能を持っているCADのことです。そのため電気設備図で様々な図面が手軽に効率よく描けます。